\旅々海外/

【旅、IT、ライフスタイル】海外旅行20ヵ国超・IT企業勤務7年目の経験をベースとした情報を発信

SONY VLOGCAM ZV-1は旅に最適か?!弱点の克服方法も紹介

SONY VLOGCAM ZV-1

旅先で遭遇する絶景や空気感を気軽に動画に残したい。 iPhone以上の画質や音質で...。 1カ月ほど悩みに悩んで選び抜いたカメラがSONY VLOGCAM ZV-1。 このカメラを買った経緯やレビュー、カスタマイズ、作例等を紹介します。 これから動画を始めたい方はぜひ一読してみて下さい。

 

SONY VLOGCAM ZV-1ってどんなカメラ?

一言でいうと...。

スマホより数段上の画質や音質で、気軽に写真や動画を撮れる。

それが、SONY VLOGCAM ZV-1

SONY VLOGCAM ZV-1

SONY VLOGCAM ZV-1

ところでVlogって何?

VLOGCAM ZV-1の商品名にもVLOGというワードがはいっていますね。

ここ数カ月でVideo Blogを略したVlogというワードを見聞きすることが多くなりました。

日常や旅などを動画として切り取り、ブログのように発信したりするもの。

それがVlogです。

ここ数十年でスマホが普及し、通信速度が高速化し、メディアが動画の舞台を整備していったことにより、誰でも気軽に動画をメディアに投稿できる時代になりましたよね。

このような流れもあり、スマホが大好きな若者を起点にVlogが広まってきているように感じられます。

なぜ新しいカメラが欲しかったの?

旅先で撮影する動画の質を上げたかったんです。

僕が普段使用している一眼レフはCanon EOS 6D。

Canon EOS 6D

Canon EOS 6D

写真撮影には満足しているのですが、悲しいことに動画撮影に関していうとあまりよろしくないのです。

  • オートフォーカス非対応
  • 手振れがひどい

この2点が、旅先で使用するときに致命的。

ということで、動画用カメラの購入を検討することになりました。

比較したカメラは?

写真が綺麗に撮れる6Dを手放すわけにはいきませんし、フルサイズ一眼を2台抱えて観光できるわけもないので、小さなカメラで比較することにしました。

最終的に悩んだカメラは次の3つ

  • GoPro HERO9 Black
  • SONY α6400 & SIGMA 16mm F1.4 DC DN
  • SONY VLOGCAM ZV-1
  HERO9 Black α6400
SIGMA
ZV-1
質量 158g 808g 294g
画角 16mm~ 16mm~ 24mm~
価格 64,900円 146,133円 86,980円

GoPro HERO9 Black

好きなところ

  • とにかく軽い
  • 画角が広い
  • 色味が鮮やか
  • ブレにくい
  • 安価
  • 防水

嫌いなところ

  • 暗所に弱い
  • 画質が良くない

SONY α6400 & SIGMA 16mm F1.4 DC DN

好きなところ

  • とにかく画質が綺麗
  • レンズを交換可能

嫌いなところ

  • 2台持ちするには重すぎる
  • 手振れがひどい
  • 高価

 

SONY VLOGCAM ZV-1

好きなところ

  • 画質が綺麗
  • 音質が良い
  • 小さい

嫌いなところ

  • 画角が狭い
  • バッテリーの持ちが悪い

1か月間ほど色んな情報を見て、以上のように3つのカメラの特徴を把握。

僕が動画用カメラに求めることは次の2つでしたので、悩みに悩んだ結果、VLOGCAM ZV-1を購入することになりました。

  • 6Dと2台持ちしても旅に支障がでない
  • 高画質かつ高音質

 

 

SONY VLOGCAM ZV-1

レビュー

好きなところ
  • 画質が綺麗

iPhoneと比較すると、ZV-1はきめが細かく明るい動画が撮れます。

  • 音質が良い

スピーカー部分にモフモフが付いていることで、風切り音が小さくなります

  • 小さい

294gしかなく、アウターのポケットになら収まってくれます。

  • スマホへの転送速度が速い

高画質で撮影している裏で、スマホ転送用に低画質で同時に記録できます。

長い動画でも、わりとすぐに転送できちゃうので、便利です。

弱点
  • 画角が狭い

24mm~なので、被写体と距離を撮れない時に、もう少し広ければと感じることがあります。

手振れを抑えるアクティブモードにした時に、画角がさらに狭くなるのが残念です。

アイスランドで撮ったこちらの写真は、6Dに17mmのレンズを付けて撮りました。

この時に、30mmくらいで撮っていたら、画角が狭くて広大な絶景が収まりきらなかったと思います。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by \旅々海外/ (@tabitabikaigai)

www.instagram.com

ケニアで撮ったこちらの写真も、6Dに17mmのレンズを付けて撮りました。

広角レンズは被写体が近くても、広範囲を撮影することができます。

これが30mmくらいだと、建物が見切れてしまうかもしれません。

このように、僕の場合、旅先での撮影には広角レンズが必要不可欠なのです。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by \旅々海外/ (@tabitabikaigai)

www.instagram.com

  • バッテリーの持ちが悪い

公式サイトには次のように掲載されています。

「連続動画撮影 約75分、実動画撮影 約45分」

電源のON/OFFを繰り返したり、何度も録画を繰り返したりすると、約45分しか撮影できないのです。

気温が下がると、バッテリーの持ち時間がグンっと悪くなりますので、寒い場所で撮影する方は、45分も持たないかもしれません。

 

このように、いくつかVLOGCAM ZV-1の弱点が見えてきました。

しかし、これらの弱点を周辺機器の購入で克服することができましたので、そちらを紹介していきます。

弱点を克服するために買い足した周辺機器

ワイドコンバージョンレンズ

ワイドコンバージョンレンズ

ワイドコンバージョンレンズを装着

このレンズを装着すると、画角が0.7倍になります。

24mm~だった画角が、16.8mm~に!

これを付けていれば、アクティブモードにしたときでも、画角が気になりません。

この画角だと旅先でも活躍してくれそうです。

ただ、ズームするとピンとが合いません。

これを付けてズームするのは若干矛盾しているのであまり気になりませんが...。

フィルターアダプターキット

フィルターアダプター

フィルターアダプターを接着

VLOGCAM ZV-1とワイドコンバージョンレンズの間に張り付ける部品です。

これが無いと、ワイドコンバージョンレンズが装着できません。

ワイドコンバージョンレンズをフィルターアダプターキットに、クルリとネジのように回して装着するという形です。

なので、ワイドコンバージョンレンズは不要な時は外しておけます

レンズ交換式一眼レフのようなイメージです。

一つ言えることは、VLOGCAM ZV-1のレンズの周囲にフィルターアダプターキットを両面テープで張り付けるので、見た目が少し悪くなるのがデメリットです。

ワイドコンバージョンレンズを外した状態が上の写真です。

SONY レンズフロントキャップ 72mm

SONY レンズフロントキャップ 72mm

SONY レンズフロントキャップ 72mm

実は、77mmの互換品を最初に買ったのですが、ワイドコンバージョンレンズにハマらず失敗でした。

SONY製の72mmだとピタリとハマりました。

また、SONYのロゴがあるかないかで数百円安くなるならという気持ちで、互換品を買いましたが、SONY製は軽く着脱しやすい。

そして、質感や見た目が思ってた以上にしっくりきました。

正直、SONY製レンズフロントキャップを過小評価していました。

初めからこれにしておけばよかったです...。

互換バッテリー

SONY製よりはるかに安い金額で売っています。

ちょっとしたお出かけのときは予備を1つ持って出かけているので安心。

僕は2個セットを買いましたが、3個目のバッテリーを使用したことはまだありません。

互換充電器

VLOGCAM ZV-1には充電器が付属していません。

付属のマイクロUSBケーブルを本体とPC等に直接つないで充電するタイプです。

僕の場合、予備のバッテリーを含めて3つのバッテリーを所持していることもありましたので、こちらの充電器を買い足しました。

作例

海外旅行には行けないので、取り急ぎキャンプに持って行きましたので、その時の動画を掲載しておきます。

次は、イチョウ並木を散歩した時の動画です。

最後のほうに映っているイチョウ並木の動画は、コンバージョンレンズを付けて撮影しています。

このくらいの画角があれば、狭く感じないかと思います。

その他の動画は\旅々海外/のTwitterでちょくちょく投稿していますので、そちらをご確認いただけると良いかと思います。

こんな人にオススメ

SONY VLOGCAM ZV-1を買ってから、出かけるときにはカバンに忍ばせています。

軽くて手軽に綺麗な動画を撮れるので、重宝しています。

以下に該当する方でしたら、購入を検討してみてもいいかもしれませんね。

    • 旅先で撮影する動画の質を上げたい
    • iPhoneからステップアップしたい
    • 出かけるときに気軽に持ち運びたい
    • VlogやYoutubeを始めたい

    その他の撮影機材については、こちらの記事で紹介しています。

    tabitabikaigai.com